薄毛になる大きな要因

抜け毛が気になる、髪の毛が少なくなったと感じたら、薄毛の兆候がでているかもしれません。薄毛になる原因は、いろいろなものが考えられます。そのうちの一つが皮脂による、毛穴のつまりです。生活習慣の乱れ、またストレスなどによっても、ホルモンバランスが乱れる原因になるといわれています。ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの分泌量が増加してしまうと、皮脂の分泌量が過剰になることがあり、その影響は肌にでてしまいます。皮脂は、肌を外部からの刺激から守り、肌の乾燥などもある程度防いでくれるため、肌に必要なものではあります。

しかし、その分泌量が多いことで、肌の毛穴を詰まらせることがあります。頭皮などでも、皮脂の分泌量が増加してしまうと、頭皮にある毛穴をつまらせてしまい、抜け毛が増加する原因の一つとなります。
対策をするならば、皮脂が毛穴につまらないように、きちんと洗髪をして汗や汚れ、そして余分な皮脂を洗い流すことが重要です。洗髪時は、適度に洗い流すことがポイントです。あまり過度に洗いすぎてしまうと、皮脂の大半を洗い流し、かえって肌荒れなどの原因になることもあります。
また、ホルモンバランスの安定をはかる必要もあるでしょう。原因となる生活習慣の乱れ、そしてストレスの解消を心がけ、心身共に健康的な状態を維持できるように、生活の見直しと改善をしていきましょう。

また、頭皮環境を整える意味で、育毛剤を使用して、頭皮に必要な栄養、そしてホルモンを整える成分などにより、頭皮環境を改善していくことも大切です。抜け毛増加をある程度食い止め、そしてフケなど頭皮の乾燥などにもある程度効果が期待できるため、抜け毛が増えたり、薄毛に悩む場合には、試してみるのもいいでしょう。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ