30代で薄毛で悩んでいる男性の割合

30代で薄毛に悩んでいる男性の割合は実に70%にも及びます。実際に薄毛だという人の割合は20代で5%程であるのに対して、30台では2倍以上の10?15%程まで上がります。ちょうど薄毛が気になり出すのがこの時期なのでしょう。そもそも薄毛の要因はなんなのでしょう?遺伝的要因、不摂生な生活習慣やストレスなどが挙げられます。生活習慣やストレスは間接要因なのでその具体的なメカニズムを見ていきましょう。まず生活習慣の乱れは、適切に栄養が頭皮や髪の毛に届かない原因になります。

発毛に重要な栄養素の亜鉛の摂取不足、また、高コレステロール食の摂取により血液がドロドロになり血液の循環が悪くなるとさらに栄養が行き渡らなくなり、発毛を阻害します。さらにストレスに関して言うと、社会的要因でストレスを感じやすい環境に変化してくる時期でもあります。20代から30代になり当然社会的ポジションも上がり、求められることも多く大きくなり、その分ストレスも大きくなっていきます。ストレスを感じると、発毛に重要な亜鉛を体内で消費してしまいます。その結果発毛が阻害されます。またストレス過多はホルモンバランスを崩します。

すると自律神経の働きも乱れ、血流が悪くなります。またストレスは自己免疫機能に異常をきたし、本来身体を守るはずの抗体が自分の身体を傷つけることもあり、その結果が抜け毛につながるということも考えられます。以上薄毛のメカニズムについて述べてきましたが、その対策としては薄毛に関して悩みすぎないことです。その悩みがストレスに繋がるということが大いに考えられます。同じように多くの人が悩んでいると考えれば少しは気が楽になるのではないでしょうか。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ